認知症予防にも効果的!青魚に秘められたすごいパワー

青魚

青魚に含まれる良質の脂肪、EPAとDHA

青魚と言えば何を思い浮かべるでしょうか。
普段から食卓でお馴染みなのはアジやイワシ、サバ、サンマなどがあります。
いわゆる背中の青い魚を一般に青魚と呼んでいますが、その種類は豊富です。

その他にも、マグロやカツオ、ブリやハマチなどの魚は、
多くは切り身で販売されているのでわかりにくいかもしれませんが、意外にも全て青魚の一種になります。

そんな青魚には良質の脂がたっぷりと入っています。
この脂こそが、私達の体に健康効果を発揮してくれるのです。

例えば旬のサンマを丸ごと焼くと、ジューシーな脂がジュっと出てきますね。
その脂は肉とは違って冷めても白く固まってしまう事はありません。

ではなぜ同じ脂でもサラサラとしているのでしょうか

青魚の脂の秘密

青魚の脂の秘密

青魚の脂には必須脂肪酸のEPA・DHAという成分が含まれています。
これらの成分は脳を活性化し、血液をサラサラにしてくれる効果を期待出来ます。

同じ動物性の脂でも、サラサラの不飽和脂肪酸とドロドロの飽和脂肪酸があります。
青魚の脂はこのうちの不飽和脂肪酸が多く含まれているので冷めても白く固まらないのです。
不飽和脂肪酸は体の中に入ってもサラサラのままで、血液中の中性脂肪やコレステロール値を調節してくれます。

このEPAとDHAは人間の体にどのような効果をもたらすのでしょうか。

EPA(エイコサペンタエン酸

EPAには血液を固まりにくくする効果があります。
血がサラサラになる事で、動脈硬化の予防や改善も期待できます。
高血圧や高脂血症の原因にもなる中性脂肪を減らす効果もあります。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAには脳に対して重要な働きをする栄養素です。
EPAと同様に血液をサラサラにする効果がありますが、
それ以上に記憶力や学習能力に関係する器官に直接作用し、脳を活性化します。

この効果は様々な研究結果からも明らかになっており、
認知症の予防効果にも役立つ成分として注目されています。

EPAとDHAは健康の源

もともと魚を食べる事が多かった日本人も、欧米化が進むにつれて肉を多く食べるようになってきました。
それに伴うかのように、成人病や生活習慣病のリスクも増えています。
また高齢化が進むにつれて、健康で長生きをしようという意識も高まっています。

そんな時代だからこそ、魚の健康効果に再び注目が集まっているのです。

特に、EPAやDHAなどの魚に含まれる栄養素は命の源である血液や脳へ効果的な影響を与えます。
魚の摂取量の多い地域での病気の罹患率は少なく、平均寿命も高いというデータもあり、
健康長寿には欠かせない食材と言えるのではないでしょうか。

また、認知症は多くの人を悩ませる社会問題にもなっています。
体質などの要素もありますが、発症を遅らせたり進行を遅らせたりする事は努力次第で可能です。
認知症が食生活で少しでも予防できるのであれば、積極的に取り入れたいですね。
青魚の栄養素は血液や脳に限らず、疲労回復効果のあるビタミン類、
目や肝臓などにもよいと言われるタウリンも豊富です。

理想的な青魚の食べ方

マグロの刺身

1日に必要なEPA・DHAは約1グラムと言われています。
焼き魚や煮魚でおよそ100グラム前後で1日分のEPAとDHAが摂れます。
生の魚はもっと多く含まれるのでお刺身であれば数切れ分に相当します。

魚によって含まれる量は違いますが、脂ののったものには多く含まれると考えて良いでしょう。
また魚の脂は酸化が早いので、出来るだけ鮮度の良い物を食べる事でより良質のEPAやDHAを摂取する事が出来ます。
合わせて野菜や海藻類も摂る事でさらに効果的に栄養素を吸収する事ができるので、
食事の際には他の食材をバランスよく食べる事も大切です。

もれなく栄養素を取り込むには生で食べるのが一番ですが、ホイル焼きや煮つけなど、
調理方法を工夫すれば効果的に栄養を摂る事は十分可能です。
もちろん青魚を食べれば食べるほどいいというわけではなく、一度に食べる量は適度な量に留めましょう。
日本は幸いにも魚が豊富に入手できます。
成人病や生活習慣病、認知症などの予防をするためにも、
毎日の食生活には積極的に魚を取り入れて健康を促進していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。