若い人にも摂取して欲しいEPAとDHAの効果とは

DHA・EPAサプリメント服用

DHAと一緒に摂取ると効果的な成分

DHA・EPAは、青魚などに多く含まれていることで知られています。
この成分は、様々な効果があるため、年齢を問わず人気があります。

サバ、本マグロ、ブリなどの魚には、DHAとEPAという多価不飽和脂肪酸が含まれています。魚が苦手な人は、サプリメントを利用することで、手軽にDHAとEPAを摂取することができますね。

DHAは、脳の発達を促進する効果があると言われています。目と脳の連動を促進する効果があるため、記憶力や集中力アップが期待できます。他にも、生活習慣病の予防や、眼精疲労の改善などの効果があります。

EPAは、赤血球の膜を柔らかくしたり、血管を柔軟にするといった血液サラサラ効果により、生活習慣病の予防や、ダイエット効果などがあります。他にも、花粉症やアトピーの症状を緩和したり、美肌効果なども期待できる成分です。

この二つの成分を一緒に体内に取り込むことで、お互いに不足している効果を補って、効果を発揮してくれるのです。

DHA・EPAのサプリメントを選ぶ時には、商品の成分表示をしっかりと確認し、成分内容や含有量を確かめましょう。DHA・EPAを毎日食事から摂取使用と思ったら、魚の切り身を一切れ食べなければいけませんが、加熱調理することで成分が溶けて流れてしまいます。サプリメントでDHA・EPAを補おうと思ったら、1日最低でも300mg配合されているものを選びましょう。

DHA・EPAの弱点を補う抗酸化成分

kurogoma

それから、DHA・EPAは、酸化しやすい成分です。酸化しにくくするためには、ビタミンEが配合されていることが必須です。
また、ビタミンEが配合されていることで、肌荒れの改善やコレステロール値を下げる効果も得ることが出来ます。更に、ビタミンCが配合されていると、活性酸素を無害化したビタミンEを、ビタミンCによって復活させる効果も得ることができます。

同じく抗酸化作用の強いセサミンは、ゴマに多く含まれている成分です。ゴマに含まれているセサミンをゴマから摂取しようとすると、1日に3千粒ものゴマを食べなければなりません。しかし、サプリメントであれば、効果的に摂取できます。
DHA・EPA・セサミンがバランスよく配合されているサントリーのHDA・EPA+セサミンであれば、1日たった4粒でしっかりと有効成分を摂取することができます。使用されているDHAの原料は、粉ミルクにも使用されているハイクラスのものが使用されています。

同じく、さくら森のきなりには、DHAとEPAの酸化を防ぐために、アスタキサンチンが含まれています。他にも、納豆に含まれているナットウキナーゼという血液をサラサラにする成分も含まれています。

効果酸化成分は他にも、ビタミンC・ビルベリー・ピクノジェール・水素などといった成分があります。

DHA・EPAのサプリメントの飲み方

DHA・EPAサプリメント

DHA・EPA配合のサプリメントは、基本的に好きな時に飲んで構いません。水かぬるま湯で飲むだけです。

しかし、DHAとEPAは熱を加えることで酸化しやすくなります。そのため、温度の高いお湯で飲むよりは、水か人肌程度のぬるま湯で飲むことをお勧めします。
それから、ビタミンCたっぷりのフルーツジュースと一緒に飲めば相乗効果を得られるような気がしますが、逆に吸収が悪くなりますので、やめましょう。

また、体に良いからといって何種類もサプリメントを摂取している方がいますが、サプリメントのコーティング剤や充填剤は、少なからず体に負担となります。

成分がだぶっている場合がありますので、見直しをしてみましょう。

例えば、黒酢やニンニク、イチョウ葉エキスなどの成分もDHA・EPAと同様に、血液をサラサラにする成分となります。
サプリメントを摂取する目的や、サプリメントの価格などをよく検討した上で、自分に合ったサプリメントを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加