妊娠中もDHAは必用、子供の脳の発達に欠かせない栄養素

妊娠中

DHAの効果と摂取目安、食べ方についての説明

DHAという言葉をよく耳にしますが青魚に多く含まれ摂取すると頭が良くなるといった印象が強いと言えます。ここではDHAに関して妊婦中も胎児の為に摂取することを勧める理由とオススメの摂取方法を説明します。妊娠初期からしっかりと摂取するように心がけてください。

DHAにより血行が良くなりアレルギーを改善

DHAは「ドコサヘキサエン酸」という栄養素で、青魚、マグロといった魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸です。効果としては血液をサラサラにする、アトピー、アレルギーを改善する、癌を予防するといったモノが挙げられます。さらに脳、目といった細胞にも多く含まれている成分で子供の成長に関してもとても大切な役割を担っています。

DHAというのは体内で自然に生成される栄養素ではありません。だから食品から摂取する必要があるのですが食生活が西洋化し肉類をメインで食べる人が増えたことで一昔前と比較してDHAの摂取量は減少傾向にあります。なので食事に工夫をし摂取するようにしましょう。

DHAと脳の関わりについてと妊娠中の摂取した方がいいのか?

脳というのは多くの神経細胞により構成されちてDHAというのはこの神経細胞に存在する成分です。神経細胞中にDHAが多ければ多い程、神経細胞同士の交流が活動的になり脳内の情報伝達がスムーズになります。要するに頭の回転が速い人とはDHAが多い人と言えます。さらに脳の海馬にDHAが沢山存在すると記憶力と集中力、さらには判断力がアップします。DHAは脳の栄養素と呼ばれる所以です。

子供の脳はは母親の胎内で作られ、妊娠20週くらいから脳内のDHAの量は増加し生後の増え続けます。DHAというのは生まれたばかりの頃は脳、目の生成に影響を与え幼児期は記憶力に関与します。小学生以降なら集中力、学習能力がDHAに左右され、このことからも子供の育成に重要な関係があるという事が出来ます。1980年代にイギリスで栄養学者のマイケル・クロフォード教授により日本人の子供は知能指数が他国と比較し高い理由は魚を沢山食べるからという説を発表しました。DHAというんは子供の成長に欠かすことが出来ない栄養素なのです。

1日に必用な摂取量はイワシ2匹分

厚生労働省が報告した「日本人の食事摂取基準」には妊婦さのDHA推奨摂取量は1.9gとなっていました。サンマの塩焼きなら半分くらいで、イワシなら2匹くらいの量です。刺身で摂取する場合マグロ、ブリは4枚から7枚くらいだと言えます。しかしDHAは過剰に摂取すると、血液がサラサラになり過ぎて怪我した時にも血が凝固しにくくなり、胃腸の不調という風に体に悪影響を及ぼします。だから食事の栄養バランスを考慮して適量を摂取しましょう。

魚と共に胡瓜、オリーブオイルを食べましょう

赤ん坊は胎児の時には母親が摂取したDHAを胎盤を介して摂取することになります。だから妊娠中はDHAを普段より沢山摂取する必要があるのです。ですが妊娠中は生魚はあまりオススメできませんので魚を食べる場合は煮物、焼き魚という風に火を通してください。生後は母乳からDHAを摂取することになります。母乳がなかなかでない場合は粉ミルクを使用することになりますが、DHAを配合している商品を選ぶといいでしょう。離乳食を食べるようになれば食品よりDHAを摂取することになります。子供向けのふりかけ、魚肉ソーセージにも含まれている商品もあるのですが、塩分も沢山摂取することになるので気をつけて下さい。

魚を煮る、焼くといった行為をすると魚油が落ちてDHAは減ってしあむのですが、DHAというのは60%以上の吸収力があるのであまり沢山摂取しなくても普段の食事できちんとカバーが出来ます。DHAの特徴として酸化しやすいといった点があるので胡瓜、オリーブオイルと一緒に食べると酸化を予防することが出来ます。

妊娠初期からずっとDHAを摂取して下さい

DHAは脳を生成するだけではなくて精神安定作用やアレルギーの予防などの効果もあり、コレステロール値の低下や生活習慣病を予防してくれます。他にも高齢者の痴呆の対策としても使用されている栄養素と言えます。だから妊娠中や子供の頃だけ摂取を心がけるのではなく、大人になってもきちんと摂取するようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加