DHAで脳を活性化!受験生応援に嬉しい食事は魚料理で

脳の記憶

魚におおく含まれるDHAは脳に効くすごい成分

普段の食事に魚は取り入れていますか?
実は魚にはDHAという受験生にピッタリのすごい成分が含まれています。

この成分はよく青魚と呼ばれる類の魚に多く含まれている必須脂肪酸の一種です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は不飽和脂肪酸の一種で、常温でも固まらないサラサラとした脂です。
血液にも良い影響を与えるので、現代人に多い世活習慣病の予防に一役買います。
魚を多く食べる地域の人々は、健康で平均寿命が長いという傾向にある調査結果もあるようです。

そして何よりもこのDHAには、脳を活性化させる働きがあります。
かつてある研究者が、日本人の子供の知能が高いのは、魚を食べているからだという発表をしました。
それ以降、DHAは世界中の研究者からの注目を集めて来ました。

その効果は多くの人に認められ、今では認知症の予防などに対しても研究が進んでいます。

DHAは、海馬という脳の中枢にある記憶や学習能力に深く関係する部分にある成分です。
この成分は神経の伝達能力を高めてくれます。

脳の中にある複雑な神経細胞は人間の全てをコントロールしています。
受験勉強中は普段よりも集中して多くの事を記憶し、学習しなければなりません。
そんな時こそDHAを体に取り込んで脳を活性化させたいものです。

特にこのDHAは、自分の体内で作る事がほとんど出来ないといいます。
ですから食事から摂取するしかないのです。

受験勉強中には魚をぜひ多く取り入れて、勉強の効果を最大限に引き出せるよう、
食事で応援してあげたいものですね。

DHAが多く含まれる魚とは

あじ

DHAは、アジやサバなどの青魚に多く含まれています。
秋の味覚のサンマや、冬に美味しいブリなどの旬の魚などもそうです。
その他、まぐろの脂身、ハマチ、イワシなどは、特にDHAの含有量が多いとされています。

魚を焼いた時によくジュワジュワと出る脂が多い魚はDHAを多く摂取出来ると考えてよいでしょう。
また、効果的にDHAを摂取するには、生で食べるのが一番です。
焼いたり煮たりすると、約20%は摂取量が減ってしまいます。

旬によって脂の乗り方も全然違うので、一概には言う事ができませんが、
刺身であれば数切れ、切り身であれば大き目が一枚ぐらいで1日分のDHAが摂れると言われています。
通常1食で食べる魚の量でちょうどいいと考えて良いでしょう。

効果的に魚を食べる方法ランキング

fish

受験生の強い味方、DHAを効果的に摂るためにはどのように魚を食べたら良いでしょうか。
効果の高い順番にランキングにしてみました。

1位 刺身

DHAを余す事なく取り入れるには、生で食べるのが一番効果的です。
寒い時期は魚も脂がたっぷりで生で食べるにはうってつけです。
みんな大好きなマグロのお刺身には、DHAがたっぷりと含まれています。
しかし、それなりにお値段もするので毎日というわけにもいかないのが難点です。

2位 煮魚

煮ると魚の脂は煮汁に溶け出します。
煮魚を食べる時は煮汁も一緒に味わう方が、美味しいし体にも良いのです。
青魚は煮て食べると美味しい物もたくさんあります。
少し手間がかかるので作るのが苦手な人もいますが、
我が子の脳の活性化のために頑張ってみてはいかがでしょうか。

3位 焼き魚

魚を焼くとあのジュワっとした脂の焼ける香りがたまりません。
ですが魚は焼くとその脂が落ちてしまいます。
不飽和脂肪酸はとても溶けやすいので加熱で流れ出てしまうのが特徴です。

でも旬の魚は脂がたっぷり乗っていますから、焼き魚で食べても十分です。
秋のサンマなどはやっぱり焼き魚が最高ですよね。

4位 揚げ魚

高温の脂の中に魚を入れると、魚の脂はすぐ溶けるので揚げ油に溶け出てしまいます。
それでも全てが出てしまうわけではありませんが、有効成分は半分ぐらいになってしまいます。

ただ、若者は揚げ物が大好きです。食事を楽しむためにもたまには食べたいかもしれませんね。

DHAは酸化が早いので注意が必要

DHAの脂は固まらないのですが、酸化が早いので鮮度には注意が必要です。
どうせ魚を食べるならば、新鮮な方が美味しいですし栄養も豊富です。
買ってきて冷蔵庫にしまい込んでしまわずに、早目に食べる事をおすすめします。

食事の際には、魚だけでなく他のおかずももちろん食べると思います。
その際は抗酸化力の高い食材を一緒に摂る事でDHAの酸化を遅らせる事ができます。
食事の際は緑黄色野菜やフルーツなどの食材も積極的に取り入れて、
バランスの良い内容を心がけましょう。

毎日の食卓にはもっと魚を!

b9b9d

昔は日本でのおかずの主役は魚でした。
しかし欧米化が進むと共に食事の内容も多様化していて、
現在では魚よりも肉のほうが多く食べられています。
そんな食生活の変化に伴って、成人病や生活習慣病も増えています。

魚は脳の活性化に良いだけではなく、体全体の健康に様々な効果を発揮します。
受験生応援には魚で脳を活性化して、健康管理に役立てましょう。

そしてもしこれまでお肉中心の生活をしていたのであれば、
これを機に毎日の食卓に魚を多く取り入れてみる事をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。